株式会社土井勝では「旬の家庭料理」をオリジナルチルド宅配。ライブキッチンサービスも開催。

お電話月〜金9:00 - 18:00

株式会社土井勝では、安心・安全・低コストの新調理法「クックチル」を
お客様に提供させて頂いております。

クックチルを知って欲しい!

「クックチル」とは、加熱調理後90分以内に中心温度3℃以下まで急速冷却をして、
0〜3℃で衛生的に保管しておき、食事を提供するタイミングで再加熱する調理法です。
保管しておける期間は、一次加熱をした日から提供する日を含めて5日間になります。

今までの調理場では、食事提供にいくつかの課題があり、サービス付高齢者住宅では、
食の安全性の確保が大変でメニューも限定されがちになったり、調理する人によって
味にもバラつきが出たり調理スタッフの人員確保も困難な時代と問題が山積みです。

クックチルのメリット

クックチルは、衛生面と効率化の両方でメリットがあります。
まず衛生面では、冷却専用の機械を使って急速冷却することで、
食品中に細菌が増殖しやすい60〜10℃の温度帯を短時間で通過させることができます。
次に効率化の面では、ピークではないときに準備しておくことができ、
提供の際には最終加熱するだけなので、提供直前の作業時間を大幅に短縮できます。
計画的に調理をすることで、調理場での作業の平準化ができ、
高齢者施設などではメニューの幅が広がったり、
利用者様によりきめ細かい対応ができるようになったり、
スタッフの早朝・土日出勤の緩和などにも繋がっていきます。

安全性確保と調理の効率化を実現

以前、クックチルは「作り置き」だと誤解され、味が落ちるのではないかと
不安視されていたこともありました。しかし、技術が進化して急速冷却と衛生的に
保管ができるようになった今、きちんと決まりを守って調理すれば、
クックチルはむしろ「料理を安全に美味しく保管できる方法」だと言えます。
食の安全性確保と調理の効率化の2つを実現する方法、それがクックチルなのです。

◆基本メニュー

管理栄養士による、野菜をふんだんに採り入れたバランスのよい和食中心のメニューを提供。
弊社の食事形態は『一汁三菜』が基本であり、
1日1,600kcal[朝食(400kcal)、昼食(600kcal)、夕食(600kcal)、
塩分は1食3g前後]で構成されております。
一汁三菜の提供スタイルだけでなくカレー、麺類、丼物の選択食を含む
2メニューから選んでいただくことで個々の満足度もあがります。
また食物アレルギー及び医師等の指示による
禁止食材に変更いたします。(個人の嗜好による個別対応はいたしかねます。)

◆治療食

冷凍食品とは違いクックチル方式(冷蔵)を採用することにより、
『手作りによるおいしい治療食』を提供することが可能になりました。
従来の冷凍治療食では出来なかったバリエーションの多さや
手作りによる季節感のある治療食をお楽しみ下さい。
また、各指示量については、かかりつけ医の指示書を基に弊社管理栄養士が個別に対応いたします。

○糖尿病食:1日1,600kcalを基本に1食当たり230〜280kcal(おかずのみ)に調整しています。
○減塩食:1食あたり塩分2.5g以下に調整しています。1日1,600kcal基準です。
○腎臓病食:詳細については営業スタッフまでお訪ねください。

お献立

土井勝オリジナルのお献立を1日3食分を1か月毎でお作りいたします。
栄養表示もございます。

TOPへ